建築板金とは

建築鈑金

建築鈑金

「板金(ばんきん)屋さん」 あまり馴染みのない職種だと思います。
よく車の修理屋さんですか?と間違えられます。
建築板金とは、建物の屋根・壁・雨樋の施工が主な仕事です。
薄い金属の板を切ったり曲げたり叩いたりして加工・細工を行い、雨・風から建物を守る重要な役割を果たします。

雨・結露・湿気など、どんなに素晴らしい丈夫な家を建てても水が浸み込んでしまっては、柱や壁は腐食し美観も損ない、大切な家が台無しです。
水の流れを読み、大切な家を水から守り長持ちさせることが、私たちの使命です。

屋根

屋根は
軽さ&丈夫さで選ぶ

地震で瓦屋根の被害が多かったのには理由があります。それは、重い瓦が原因で家の重心が高くなり、その分揺れが大きくなってしまい、瓦が落下したり最悪倒壊の原因にもなるのです。しかし板金屋根は、重さが瓦の約1/2〜1/10程度しかないので、屋根を軽くすることができ、家の重心を下げて建物の揺れを軽減し負担を少なくすることができます。しかも、強い衝撃でも割れにくく大変丈夫で、瓦と違い1枚1枚屋根に積んでいる訳ではないので落下する心配もなく、耐震には打って付けの屋根材です。今では色やデザインも豊富で様々な種類から選ぶことができますので、リフォームの自由度も増しています。

地震による揺れの比較

地震に強い

金属屋根

金属屋根は
低コスト&工事が早い

板金屋根は、超軽量で高耐久なだけでなく、安くて、早いのが魅力です。一例ですが、従来の日本瓦で葺き替えを行う費用が約250万円とすると、板金屋根材で人気のあるガルバリウム鋼板で葺き替えを行うと費用は約150万円程になります。なぜなら、板金屋根は瓦葺きと比べて工期が短いので、人件費を抑えることができるのです。板金屋根は「軽く」て「低コスト」で「早い」、3拍子揃った最先端の屋根材なのです。

WORKS:REFORM

リフォーム施工事例

CONTACT US

お気軽にお問い合わせください

お電話はこちら →

電話番号

営業時間 08:00〜18:00

メール
LINE
  • 電話
  • メール
  • LINE
  • インスタグラム